HP(゚∀゚) > NETA(´∀`)

RAWIMAGEMANGER 更新日2012/11/03
GOOGLESVN_SRC 更新履歴
RAWMANGERはPSPのUMDGME/UMDVIDEOイメージ,PBPファイルを管理するための鶴です。
RAW(生)をあつかうことが目的なのでアーカイブ圧縮や改造イメージ等には対応してません。無圧縮/CSOイメージのリネームに対応+CM/XML差分作成機能有り
画像や管理名の検索にOFFLINELISTXMLが流用できます。
管理名/ファイル名のリネームにはXMLだけでなくNOINTRO_CMPRO用のDATも使えます(データベースから自動作成するため負荷が非常にかかるため多重ダウンロードはひかえてくれとのこと),一部合わないものがあったので差分作成, NO_INTRO_CMPRODAT差分 2012/11/03

//メニュー
UMDRAWMANAGE
①ファイル,リストの保存/登録ができます,ファイル名に[CRC32,8桁]がある場合CRC32がノードに追加されます、まとめて追加したい場合はツリービュー
②データベース整列,DBのソートを実行します
③管理名やファイル名の一括リネームをします,各ファイルCRC32が必要,XMLリネーム,CMPROリネーム
④設定,XMLの変更など
⑤バージョン情報
⑥リストの保存,オプションで常に保存を設定してる場合は押す必要はないです
⑦ファイルのCRC32と一致する画像をXMLから検索します(要CRC32),CRC32欄が空の場合計算されます
⑧画像をGOOLGEで検索します
⑨SONYPSP/PS1のWEBカタログサイトに接続します
⑩、⑪クリックするとファイルダイアログで画像の指定,ドラッグアンドドロップでも画像が更新されます。
画像の優先順位はUSER指定>>XML>>ダミー
⑫管理名を内部イメージから取得します
⑬管理名をXMLから取得します(要CRC32),CRC32欄が空の場合計算されます
⑭GAMEIDをイメージヘッダ/PARAM.SFOから取得します,HOMEBREWの場合CWCハッシュになります
⑯選択しているファイルサイズが表示されます
⑰イメージ内部のLBA(論理ブロック)を2048倍したものを表示します(現在は生イメージとのサイズ差)
ファイルサイズと一致してない場合(0以外,青か赤に色が変わる)は不正なイメージなることがあるので、手動で補完するか再度UMDを吸出し必要があります
⑮CRC32ハッシュが計算されます,XML/DAT検索に必要です
⑱MD5ハッシュが計算されます
⑲SHA-1ハッシュが計算されます
⑳CRC/MD5/SHA-1をまとめて計算します
(21)ツリーに情報を反映させます
(21)PSP接続してる場合、十分なメモステの空き容量があるか表示します
(23)ドライブレターを固定します,固定しない場合はD~ZドライブからPSPを探します
(24)M33/MEなどでは全角ファイル名(あ.ISO)などは認識できないので,ONにするとGAMEIDにして送ります(C:\あ.ISO→X:\ISO\ULJS-01234.ISO)。
OFFの場合は登録されたファイル名で送ります(C:\あ.ISO→X:\ISO\あ.ISO)
(25)PSPにファイルを転送します,カテゴリー指定がない場合転送先は自動判断されます GAME:PSP/ISOふぉるだー,VIDEO:PSP/ISO/VIDEOふぉるだー,PBP:PSP/GAMEふぉるだー
(26)PSPからファイルを削除します
(28)ツリービュー,ドラッグアンドドロップ項目の移動ができます。
DELETEキーや右クリックから項目の削除ができます。
右クリックは他に新規追加,編集,削除,ジャケット登録が可能
エクスプローラーからファイルをドロップすると項目が追加されます(複数可能),ゲームIDがおなじやつはたされません。ファイル名に[CRC32,8桁]がある場合CRC32がノードに追加されます
全角入力でタイトルのフォーカス

//リネーム方法(各イメージにCRC32計算が必要,ファイル名を変えた場合必ずセーブすること)
#OFFLINE_XMLを使う場合
UMDRAWMANAGE
設定からXMLを選びます
UMDRAWMANAGE
ファイルダイアログが出るので選択,ZIP書庫のXMLでも可能
UMDRAWMANAGE
リネームから対象,管理名/ファイル名のところにチェックを入れます,チェックを入れたものが対象になります
UMDRAWMANAGE
XMLのリネームボタンを押します
UMDRAWMANAGE
XML内部のCRC32データと一致したものだけ管理名とファイル名が変更されます。リネーム成功したものはツリーのチェックボックスが付きます。
ただしADVANCEうんたんの方はかなり間違いが多くCRC32があわないことがおおいみたいなので(NOINROいわく修正箇所400オーバーとのこと、kなりのダメDB)
間違い指摘箇所を元に修正鶴をつくったのでNO_INTRO/REDUMP修正したものかかサイトはなくなりましたが持ってる人はFILERソースXMLを使って下さい。

#CMPRODATを使う場合
UMDRAWMANAGE
設定からDATを選びます
UMDRAWMANAGE
ファイルダイアログが出るので選択,ZIP書庫のDATでも可能
UMDRAWMANAGE
リネームから対象,管理名/ファイル名のところにチェックを入れます,チェックを入れたものが対象になります
UMDRAWMANAGE
DATのリネームボタンを押します
UMDRAWMANAGE
DAT内部のCRC32データと一致したものだけ管理名とファイル名が変更されます。リネーム成功したものはツリーのチェックボックスが付きます。
一部合わないものがあったのでNO_INTRO差分 を足して下さい。DATは平テキストですが保存時のエンコードをUTF8NまたはUTF8BOMなしにしてください,メモ帳だと保存対応エンコードがUTF8BOM有りしかないので本家CMLMAMEPROでは使えなくなります。

#DB_FIXER使い方
DB_FIXER 更新日2012/02/13
更新履歴

DB_FIXER
①ADVANCE~のOFFLINEXMLをNOINTOR指摘箇所に基づき正常CRC32に修正します(管理人所有UMDでなおるのを確認済み、ロックマンロックマンなど)
②ADVANCE~のOFFLINEXMLをREDUMP指摘箇所に基づき正常CRC32に修正します(管理人所有UMDでなおるのを確認済み、ロックマンロックマンなど)
③OFFLINEXMLをclrmampro用DATに変換します。
④,⑤OFFLINEXMLをCSV(","で区切ったテキスト),TSV(タブで区切ったテキスト)に変換します
⑥clrmampro用DATをCRC32が合ったものだけdescriptionに差分の名前が入ります(英→和なら英和DATができる)、元ソース→差分の順,(NOINTORの2枚組になってるDBは1つずつ分割されるので注意)
⑦clrmampro用DATをCRC32が合わないものだけマージします、元ソース→差分の順
REDUMP_WIKIからデータを取得しclrmampro用に変換します
DB_FIXER
①NOINTROぱっちのCRCマスクの設定をします
②RIDUMPぱっちのCRCマスクの設定をします
③clmproでどちらのCRCマスクを使うか選択します
④CSV,TSVの出力エンコードを指定します。表計算ソフトにもよりますがはSJIS(932)かUTF8N(65001)が無難です
⑤CSV,TSV変換時エンコード設定を出すかどうか
⑥OFFLINEXMLの国旗コード,対応言語コードをOFFLINELISTで表示されるような指定文字列に変換します
⑦表計算ソフトでCRCが8桁のままになるよう[]をつけて保護します
DB_FIXER
①name欄の出力文字の設定をします
②description欄の出力文字の設定をします
③romname欄の出力文字の設定をします
④clmproで変換されるもの予想がみられます,XMLにチェックがあると最後に使ったXMLのID1番のもので表示されます
DB_FIXER
①国旗コードの変換される文字の設定をします
②対応言語コードの変換される文字の設定をします

HP(゚∀゚) > NETA(´∀`)

  プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  ふくやま自動車学校  Apex  タイヤ 交換  タイヤ MPV 激安  ドラム 専門学校  中古カーパーツのお勧めショップ  中球磨モータースクール  アクアマリン  岡山 合宿免許  音楽 専門学校 福岡  中古パーツ 伊那  名簿屋